2020年6月17日4,646 ビュー View

「こうやって持つんだよ!やってみ?」忍耐強く赤ちゃんにおもちゃの遊び方を教えるダックス【動画】

赤ちゃんと暮らすダックス。人生の先輩としておもちゃの遊び方を教えてあげるのですが、赤ちゃんはおもちゃを持ち上げることも上手にできません。それでも何度も教えてあげるダックスの姿に…キュン!

赤ちゃんにおもちゃを渡すダックス

こちらのおうちではダックスと赤ちゃんが一緒に暮らしています。

ダックスは赤ちゃんにとってお兄ちゃん的存在。

 

赤ちゃんが遊んでいる様子をじっと観察していましたが…。

 

ふいにおもちゃの1つをくわえて赤ちゃんの近くに置きました。

 

「はい、これ!」

 

おもちゃを渡してあげるなんて、優しい!

 

もしかして投げてもらうのを待ってる?

するとダックスは数歩下がったところで、おすわりをしました。

なにやら期待して待っているような雰囲気ですが…もしかして?

 

そう、ダックスはおもちゃを投げてほしかったのです!

 

(まだかな…まだかな…)

 

ところがそんなリクエストが赤ちゃんに届くはずもなく…。

そもそも赤ちゃんはまだおもちゃを上手に持ち上げることができません。

 

(あれ、投げてくれないな?)

 

すぐそばにはオーナーさんがいるので、おもちゃ遊びならそちらにお願いすれば良さそうなものですが…?

 

ダックスによるレクチャー開始

赤ちゃんはおもちゃの遊び方を知らないようだと理解したダックス。

もう一度おもちゃをくわえると、なんと手本を見せてあげました。

 

「こうやって持つでしょ?」

 

「それでこうやって投げるの。やってみ?」

 

もちろん手本を見ても赤ちゃんはできません。

 

その様子を見て、2度も3度も繰り返してあげるダックス。なんて親切な指導者なのでしょう。

 

「早くできるようになって遊ぼうね」

最後までおもちゃを持つことはできませんでしたが、赤ちゃんはニコニコ笑顔で嬉しそう!

 

お兄ちゃんのことが大好きなのでしょうね。

 

きっとこの後もダックスの忍耐強い英才教育は続いたことでしょう。

早くおもちゃを投げられるようになって、一緒に遊べますように!

ダックスと赤ちゃんのほのぼのとしたやり取りが、可愛らしかったですね。1頭と1人が仲良しきょうだいになる未来しか見えません!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「きみはあたしのお友だち?」おもちゃのダックスに出会ったダックス、あいさつ代わりにおしりをクンクン【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • ココグルメ,ダックスフンドライフ