2020年3月14日1,017 ビュー View

「ママ、このおもちゃ生きてる…」あと1個がどうしても片付けられないダックス。イライラが募り…?【動画】

愛犬に「お片付け」を教えたオーナーさん。指示を出すとダックスフンドがケースにおもちゃをしまってくれるのです! とても賢いですし、オーナーさんとしてもありがたいはず。しかしこの日は大きめのおもちゃが何回やってもうまくしまえず、ダックスがイライラしてしまったようで…?

オーナーさんが「お片付けして」と声をかけます

床にちらばったたくさんのおもちゃ。たっぷり遊んだようですね。オーナーさんがダックスに向かって「お片付けして。」と指示を出します。

 

すると、指示を聞いたダックスはおもちゃをくわえて、グレーのケースに入れ始めました。おそらくこれがおもちゃ入れなのでしょう。自分で遊んだおもちゃは自分で片付ける。素晴らしいですね。

 

2つは順調に片づけました

1つおもちゃをケースに入れると、オーナーさんが「もう1つ。」と指さします。それもしっかり理解しているようで、もう1つもケースにしまいました。

 

残っているのは最も大きなおもちゃ。ぬいぐるみのようですね。しかし、2つしまえたのですから、これも楽勝でしょう。

 

最も大きいおもちゃがなかなか入らない!

オーナーさんが「最後の1つ。」と声をかけるとすぐさま動いたダックス。ぬいぐるみをくわえてケースにぐいっと押し込みます。しかし、先ほどのおもちゃよりも大きかったため、ケースからはみ出てしまいました。ぬいぐるみはポロっと落ちてしまいます。

 

ダックスが早くお片付けを終えてオーナーさんの所へ行きたいようで、視線が常にオーナーさんのほうを向いています。そのため落ちたことに気づいていません。オーナーさんから「落ちたよ。」と言われて、またしまうのですが何度もケースからはみ出し落ちてしまいます。これにはダックスもイライラ。

 

やっと片付きました

最後の1つに何度も苦戦している様子を見て、思わずオーナーさんが笑ってしまいました。ダックスはかなりいら立っています。

 

最終的に、ダックスがぬいぐるみを前足で押し込むようにしてケースにしまえました。オーナーさんがお片付けのご褒美におやつをくれます。おそらくオーナーさんをじっと見ていたのは、おやつを用意していたからかもしれませんね。無事に最後までお片付けが出来てよかったです。

 

お片付けを覚えるなんて、とても賢いですよね。今回は思わぬところで苦戦を強いられましたが、これを毎日やってくれるのなら、どれだけおもちゃを出しても許してあげられそうです。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「母、負けない」短い足でふんばるダックスたちが、最高にカッコよくてとびきりキュートだ。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • ココグルメ,ダックスフンドライフ