2020年5月29日1,445 ビュー View

ペットボトル迷路に挑戦!先頭ダックスは難なくクリア、つぎの子は…あーっ違う、そうじゃない【動画】

オーナーさんが2頭のダックスのためにペットボトルで迷路を作ってあげました。1頭目の子は上手にクリアしましたが続く2頭目の子は…? 迷路の進み方ににじみでるダックスの個性にご注目を!

迷路を作ってみた

キッチンに並べられた水入りのペットボトル。お手軽に作れる迷路です。

 

挑戦するのは2頭のダックス。

まずは1頭が呼ばれて、さっそく迷路に挑みます。

 

1頭目のダックスの場合

「こっちにおいで」と呼ばれてダックスが動き始めました。

 

(スイスイ〜)

 

上手に迷路を進みます。

細長い体をコントロールしてヘアピンカーブもなんのその!

 

(サササッ)

 

途中で迷うことなくクリア!

ゴールしたあとはオーナーさんの指示通りに芸も披露。

 

スピン、お座り、ごあいさつ…。

 

戻るときもペットボトルを倒すことなく几帳面に進むダックス。とっても賢い子ですね。

 

2頭目のダックスの場合

さて別のダックスがやってきました。2頭目の迷路チャレンジです。

 

さっきの子のように上手にクリアできるかな?

 

って、ええっ!? 飛びこえちゃった!

 

あのね、そういうことじゃないの。

障害物競走みたいなものではないの。

 

なんて思っているうちにあっという間にゴール。

 

それはそうでしょう。最短距離だもの!

 

でも最初こそ数本だけペットボトルを倒してしまいましたが、美しいジャンプでしたね。

思っていたのとはちょっと違いましたが、これはこれでもういいか!

 

ちなみに帰りはていねいに迷路に沿って歩いていました。

 

え、なぜ…?

行きはオーナーさんのところに早く来たかった、ということなのでしょうか。

同じダックスでも迷路の進み方が全く違いましたね。こんなところにも個性が出るとは。自分のダックスがどんな反応をするのか試してみたくなりますね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「金メダルは俺やで」ダックスだらけの100m走が想像を絶するほど迫力満点でスカッとした!【動画】

いいなと思ったらシェア

  • ココグルメ,ダックスフンドライフ

おすすめ記事

  • ウルフギャング,ダックスフンドライフ