2020年3月2日705 ビュー View

お菓子の“ペッツ”かよ!布にくるまったダックスが食べちゃいたい愛しさだ助けて。

もともと狩猟犬して活躍していたダックスフンドは、その細長い体型から、穴に潜む獲物を捕らえていたそうです。そのためか、ダックスフンドは穴に潜ることが大好き。ときには室内でもその習性の片鱗を見ることができます。そんなダックスフンドたちをご紹介します。

身動きがとれなくなりました

次は、体が見事に袖に包まれたダックスです。オーナーさんの服の袖に入り込み、頭だけは出ましたが、体は出られない様子。

 

袖は、ダックスの前脚の輪郭がくっきりと分かるほど伸びています。こんなに伸びたら、ダックスも窮屈なことでしょう。その表情からは、驚きと困惑が隠せない様子です。きっと「どうなってるの~!?」と心の中で叫んでいることでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stella Louise & Stanley Louis(@stella_stanley_minidoxies)がシェアした投稿 -

 

一緒にすやすや…

最後はHenryとKiki、2頭のダックスです。2人は、ソファの上で毛布にくるまれて寝ています。頭だけ出して、体は毛布にすっぽり。くるまれると落ち着くのか、2人ともうっとりと気持ちよさそうに寝ています。

 

近づくと、上目遣いでこちらをチラリ。でも、気にすることなく、まったり。体をぴったりとくっつけあって寝る姿に癒されますね。2人とも、とても仲が良いのでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Henry Loves Kiki(@henryloveskiki)がシェアした投稿 -

 

袖から出られません

最後は、オーナーさんのフリースがお気に入りのシルクちゃん。ある日、オーナーさんが目を離した隙に、袖に入り込んでしまいます。そして袖口から顔を出し、ついには出られなくなってしまいました…。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミニチュアダックスのシルク(@hatopopponosekai)がシェアした投稿 -

 

オーナーさんは「アシカかと思っちゃった」とのこと。確かに、手足が見えなくなってつるんとしたシルエットは、アシカのようですね。この後すぐに助けてあげたようです。いつも笑わせてくれるシルクちゃんでした。

 

どのダックスたちも、面白く、そして可愛らしい姿でしたね。ダックスフンドはその習性から、穴を見ると、入らずにはいられなくなることがあるそうです。いずれにしても、入ったはいいが収拾がつかなくなってしまったダックスたちには、笑わずにはいられませんね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「この時間が幸せでしゅ」寝坊をするとママが優しく起こしにくると知っているダックスの子犬。実に強かである…【動画】

いいなと思ったらシェア

  • ココグルメ,ダックスフンドライフ

おすすめ記事

  • ウルフギャング,ダックスフンドライフ